Processingで遊ぶ

Processingとは?

Processingは、アニメーションに重点を置いた視覚指向のアプリケーションの開発を容易にし、対話を通じてユーザーに即時のフィードバックを提供するために作成された単純なプログラミング環境です。 開発者は、コードでアイデアを「スケッチ」する手段を望んでいました。 その機能が過去10年間で拡大するにつれて、Processingは、スケッチの役割に加えて、より高度な本番レベルの作業に使用されるようになりました。 もともとアーティストやデザイナーを対象としたJavaのドメイン固有の拡張機能として構築されたProcessingは、大規模なインストール作業、モーショングラフィックス、複雑なデータの視覚化に使用される本格的なデザインおよびプロトタイピングツールに進化しました。

ProcessingはJavaに基づいていますが、Processingのプログラム要素は非常に単純であるため、Javaを知らなくても使用方法を学ぶことができます。 Javaに精通している場合は、APIがどのように機能するかを理解するまで、Processingはしばらくの間Javaと関係があることを忘れておくのが最善です。

このテキストは、チュートリアル Processing Overview からのものです。

Processingをインストールする

注釈

Processingを使用する前に、Raspberry Piデスクトップにリモートでアクセスするか(リモートデスクトップ)、RaspberryPiのディスプレイを接続する必要があります。

Welcome to Machining! First visit https://processing.org/download and select the Linux ARM32-bit version

You will then download to a .tar.gz file that should be familiar to most Linux users. Download the file to your home directory, then open a terminal window and type:

tar xvfz processing-xxxx.tgz

(Replace xxxx with the rest of the file's name, which is the version number.) This will create a folder named processing-2.0 or something similar. Then change to that directory:

cd processing-xxxx

and run it:

./processing

With any luck, the main Processing window will now be visible.

../_images/processing2.png

Install Hardware I/O

In order to use the Raspberry Pi's GPIO, you need to manually add a Hardware I/O library.

Click Sketch -> Import Library -> Add Library...

../_images/import-00.png

Find Hardware I/O , select it, and then click Install. When done, a checkmark icon will appear.

../_images/import-02.png