ライブラリ

Raspberry Piを使用したプログラミングでは、wiringPiとRPi.GPIOという2つの重要なライブラリが使用されている。Raspberry PiのRaspbian OSイメージはデフォルトでそれらを実装するため、直接使用できる。

RPi.GPIO

Pythonユーザーの場合、RPi.GPIOが提供するAPIを使用してGPIOをプログラミングできる。

RPi.GPIOは、Raspberry Pi GPIOチャネルを制御するモジュールである。このパッケージはRaspberry PiでGPIOを制御するクラスを提供する。例とドキュメントについては、次のURLにアクセスしてください: http://sourceforge.net/p/raspberry-gpio-python/wiki/Home/

RPi.GPIOが実装されているかどうかをテストするには、Pythonを入力する:

python
_images/image27.png

Python CLIで、「import RPi.GPIO」と入力する。エラーが表示されない場合は、RPi.GPIOの実装が完了したと意味する。

import RPi.GPIO
_images/image28.png

Python CLIを終了する場合は、次を入力する:

exit()
_images/image29.png

Install and Check the WiringPi

wiringPi is a C language GPIO library applied to the Raspberry Pi. It complies with GUN Lv3. The functions in wiringPi are similar to those in the wiring system of Arduino. They enable the users familiar with Arduino to use wiringPi more easily.

wiringPi includes lots of GPIO commands which enable you to control all kinds of interfaces on Raspberry Pi.

Please run the following command to install wiringPi library.

sudo apt-get update
git clone https://github.com/WiringPi/WiringPi
cd WiringPi
./build

You can test whether the wiringPi library is installed successfully or not by the following instruction.

gpio -v
_images/image30.png

Check the GPIO with the following command:

gpio readall
_images/image31.png

For more details about wiringPi, you can refer to WiringPi.