1.1.3 LED棒グラフ

前書き

このプロジェクトでは、LED棒グラフのライトを順番に点灯させる。

部品

_images/list_led_bar.png

原理

LED棒グラフ

LED棒グラフは、電子回路またはマイクロコントローラーとの接続に使用されるLED配列である。10個の個別のLEDを10本の出力ピンに接続するように、LED棒グラフを回路に簡単に接続できる。通常、LED棒グラフは、バッテリーレベルインジケーター、オーディオ機器、および産業用制御パネルとして使用できる。LED棒グラフには他にも多くの用途がある。

_images/led_bar_sche.png

回路図

Tボード名

physical

wiringPi

BCM

GPIO17

Pin 11

0

17

GPIO18

Pin 12

1

18

GPIO27

Pin 13

2

27

GPIO22

Pin 15

3

22

GPIO23

Pin 16

4

23

GPIO24

Pin 18

5

24

GPIO25

Pin 22

6

25

SDA1

Pin 3

8

2

SCL1

Pin 5

9

3

SPICE0

Pin 24

10

8

_images/schematic_led_bar.png

実験手順

ステップ1: 回路を作る。

_images/image66.png

C言語ユーザー向け

ステップ2: コードのフォルダーに入る。

cd ~/davinci-kit-for-raspberry-pi/c/1.1.3/

ステップ3: コードをコンパイルする。

gcc 1.1.3_LedBarGraph.c -lwiringPi

ステップ4: EXEファイルを実行する。

sudo ./a.out

コードの実行後、LEDバーのLEDが定期的にオン/オフになる。

注釈

If it does not work after running, or there is an error prompt: "wiringPi.h: No such file or directory", please refer to Cコードが機能していませんか?.

コード

#include <wiringPi.h>
#include <stdio.h>

int pins[10] = {0,1,2,3,4,5,6,8,9,10};
void oddLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<5;i++){
        int j=i*2;
        digitalWrite(pins[j],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[j],LOW);
    }
}
void evenLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<5;i++){
        int j=i*2+1;
        digitalWrite(pins[j],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[j],LOW);
    }
}
void allLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<10;i++){
        digitalWrite(pins[i],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[i],LOW);
    }
}
int main(void)
{
    if(wiringPiSetup() == -1){ //when initialize wiring failed,print message to screen
        printf("setup wiringPi failed !");
        return 1;
    }
    for(int i=0;i<10;i++){       //make led pins' mode is output
        pinMode(pins[i], OUTPUT);
        digitalWrite(pins[i],LOW);
    }
    while(1){
        oddLedBarGraph();
        delay(300);
        evenLedBarGraph();
        delay(300);
        allLedBarGraph();
        delay(300);
    }
    return 0;
}

コードの説明

int pins[10] = {0,1,2,3,4,5,6,8,9,10};

配列を作成し、LED棒グラフ(0、1、2、3、4、5、6、8、9、10)に対応するピン番号に割り当て、配列はLEDを制御するために使用される。

void oddLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<5;i++){
        int j=i*2;
        digitalWrite(pins[j],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[j],LOW);
    }
}

LED棒グラフの奇数桁のLEDを順番に点灯させる。

void evenLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<5;i++){
        int j=i*2+1;
        digitalWrite(pins[j],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[j],LOW);
    }
}

LED棒グラフの偶数桁のLEDを順番に点灯させる。

void allLedBarGraph(void){
    for(int i=0;i<10;i++){
        digitalWrite(pins[i],HIGH);
        delay(300);
        digitalWrite(pins[i],LOW);
    }
}

LED棒グラフのLEDを1つずつ点灯させる。

Python言語ユーザー向け

ステップ2: コードのフォルダーに入る。

cd /home/pi/davinci-kit-for-raspberry-pi/python/

ステップ3: Run the executable file.

sudo python3 1.1.3_LedBarGraph.py

コードの実行後、LEDバーのLEDが定期的にオン/オフになる。

コード

注釈

以下のコードを 変更/リセット/コピー/実行/停止 できます。 ただし、その前に、 davinci-kit-for-raspberry-pi/python のようなソースコードパスに移動する必要があります。

import RPi.GPIO as GPIO
import time

ledPins = [11, 12, 13, 15, 16, 18, 22, 3, 5, 24]

def oddLedBarGraph():
    for i in range(5):
        j = i*2
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.LOW)

def evenLedBarGraph():
    for i in range(5):
        j = i*2+1
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.LOW)

def allLedBarGraph():
    for i in ledPins:
        GPIO.output(i,GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(i,GPIO.LOW)

def setup():
    GPIO.setwarnings(False)
    GPIO.setmode(GPIO.BOARD)        # Numbers GPIOs by physical location
    for i in ledPins:
        GPIO.setup(i, GPIO.OUT)   # Set all ledPins' mode is output
        GPIO.output(i, GPIO.LOW) # Set all ledPins to high(+3.3V) to off led

def loop():
    while True:
        oddLedBarGraph()
        time.sleep(0.3)
        evenLedBarGraph()
        time.sleep(0.3)
        allLedBarGraph()
        time.sleep(0.3)

def destroy():
    for pin in ledPins:
        GPIO.output(pin, GPIO.LOW)    # turn off all leds
    GPIO.cleanup()                     # Release resource

if __name__ == '__main__':     # Program start from here
    setup()
    try:
        loop()
    except KeyboardInterrupt:  # When 'Ctrl+C' is pressed, the program destroy() will be  executed.
        destroy()

コードの説明

ledPins = [11, 12, 13, 15, 16, 18, 22, 3, 5, 24] 配列を作成し、LED棒グラフ(11、12、13、15、16、18、22、3、5、24)に対応するピン番号に割り当て、配列はLEDを制御するために使用される。

def oddLedBarGraph():
    for i in range(5):
        j = i*2
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.LOW)

LED棒グラフの奇数桁のLEDを順番に点灯させる。

def evenLedBarGraph():
    for i in range(5):
        j = i*2+1
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(ledPins[j],GPIO.LOW)

LED棒グラフの偶数桁のLEDを順番に点灯させる。

def allLedBarGraph():
    for i in ledPins:
        GPIO.output(i,GPIO.HIGH)
        time.sleep(0.3)
        GPIO.output(i,GPIO.LOW)

LED棒グラフのLEDを1つずつ点灯させる。

現象画像

_images/image67.jpeg