ラズベリーパイのセットアップ

スクリーンを持っている場合

スクリーンを持っている場合、ラズベリーパイでの操作が簡単になります。

必要なコンポーネント

任意のラズベリーパイ

パワーアダプター*1個

マイクロSDカード*1個

スクリーンパワーアダプター*1個

HDMIケーブル*1本

スクリーン*1個

マウス*1個

キーボード*1個

  1. ラズベリーパイのオペレーティングシステムでセットアップしたSDカードを、ラズベリーパイの下面にあるマイクロSDカードスロットに挿入します。

  2. マウスとキーボードを接続します。

  3. ラズベリーパイのHDMIポートにスクリーンを接続し、スクリーンがあるウォールソケットにプラグインされ、スイッチがオンになっていることを確認します。

    注釈

    ラズベリーパイ4をお使いの場合は、HDMI0(電源投入口に一番近いところ)にスクリーンを接続する必要があります。

  4. 電源アダプタを使ってラズベリーパイに電源を入れます。数秒後、ラズベリーパイオペレーティングシステムのデスクトップが表示されます。

    _images/image201.png

スクリーンの持っていない場合

ディスプレイがない場合は、リモートでラズベリーパイにログインすることができますが、その前にラズベリーパイのIPを取得する必要があります。

IPアドレスを取得する

Raspberry PiがWIFIに接続されたら、そのIPアドレスを取得する必要がある。IPアドレスを知る方法はたくさんあるが、そのうちの2つを以下のように示す。

1. ルーター経由で確認する

ルーター(ホームネットワークなど)にログインする権限がある場合は、ルーターの管理インターフェイスでRaspberry Piに割り当てられたアドレスを確認できる。

システムのデフォルトのホスト名-Raspberry Pi OSは raspberrypi であり、それを見つける必要がある。(ArchLinuxARMシステムを使用している場合は、alarmpiを見つけてください。)

2. ネットワークセグメントスキャン

ネットワークスキャンを使用して、Raspberry PiのIPアドレスを検索することもできる。ソフトウェア、アドバンスドIPスキャナ ーなどを適用可能である。

IP範囲セットをスキャンすると、接続されているデバイスの名前がすべて表示される。同様に、Raspberry Pi OSシステムのデフォルトのホスト名は raspberrypi であり、今ホスト名を見つけてください。

SSHリモートコントロールを使用する

SSHを適用することにより、Raspberry PiのBash Shellを開くことができる。BashはLinuxの標準のデフォルトシェルである。シェル自体は、お客様とUnix / Linuxをリンクするブリッジである「C」で書き込まれたプログラムである。さらに、必要な作業のほとんどを完了することに役立ち。

Linuxまたは/ Mac OS Xユーザーの場合

ステップ1

アプリケーション -> ユーティリティに入り 、ターミナルを見つけてから開く。

_images/image21.png

ステップ2

ssh pi @ ip_address と入力する。「pi」はユーザー名で、「ip_address」はのIPアドレスである。例えば:

ssh pi@192.168.18.197

ステップ3

「yes」と入力する。

_images/image22.png

ステップ4

デフォルトのパスワード「raspberry」を入力する。

_images/image23.png

ステップ5

これで、Raspberry Piが接続され、次のステップに進む準備ができた。

_images/image24.png

注釈

パスワードを入力すると、ウィンドウに文字が表示されないが、これは正常である。必要なのは、正しいパスコードを入力するだけである。

Windowsユーザーの場合

Windowsユーザーの場合、いくつかのソフトウェアのアプリケーションでSSHを使用できる。ここでは、PuTTY をお勧めする。

ステップ1

PuTTYをダウンロードする。

ステップ2

PuTTY を開き、左側のツリー構造にあるセッションをクリックする。「ホスト名」(または IP アドレス)の下のテキストボックスに RPi の IP アドレスを入力し、ポートに 22(デフォルトでは 22)を入力する。

_images/image25.png

ステップ3

開くをクリックする。IP アドレスを使用して Raspberry Pi に初めてログインすると、安全上の指示が表示されることに注意してください。その時、はいをクリックしてください。

ステップ4

PuTTY のウィンドウに「login as:」というプロンプトが表示されます。と表示されたら、「pi」と入力します。 (RPiのユーザー名)とパスワードを入力します。「raspberry」 (と入力します。(変更していない場合はデフォルトのままです。)

注釈

パスワードを入力すると、ウィンドウに文字が表示されないが、これは正常である。必要なのは、正しいパスコードを入力するだけである。

PuTTYの隣にinactiveが表示されている場合は、接続が切れているので再接続する必要があります。

_images/image26.png

ステップ5

ここで、Raspberry Piを接続し、次の手順を実行する。

注釈

あなたがラズベリーパイを制御するためにコマンドウィンドウを使用することに満足していない場合は、また、簡単にラズベリーパイのファイルを簡単に管理することができますリモートデスクトップ機能を使用することができます。

この方法の詳細については リモートデスクトップ