オペレーティングシステムのインストール

必要な部品

任意のラズベリーパイ

パーソナルコンピュータ*1台

マイクロSDカード*1枚

ステップ1

ラズベリーパイが開発したグラフィカルなSDカード書き込みツールは、Mac OS、Ubuntu 18.04、Windowsで動作し、イメージをダウンロードして自動的にSDカードにインストールしてくれるので、ほとんどのユーザーにとって最も簡単なオプションです。

ダウンロードページにアクセスします。https://www.raspberrypi.org/software/。お使いのオペレーティングシステムに合ったラズベリーパイイメージャーのリンクをクリックし、ダウンロードが終了したら、それをクリックしてインストーラーを起動します。

_images/image11.png

ステップ2

インストーラーを起動すると、オペレーティングシステムが実行をブロックしようとする場合があります。例えば、Windowsでは次のようなメッセージが表示されます:

これがポップアップされたら、順次に「 More info 」と「Run anyway」をクリックした後、指示に従ってラズベリーパイイメージャーをインストールします。

_images/image12.png

ステップ3

SDカードをパソコンやノートパソコンのSDカードスロットに挿入します。

ステップ4

ラズベリーパイイメージャーで、インストールしたいオペレーティングシステムとSDカードを選択します。

_images/image13.png

注釈

  1. 初回はインターネットに接続されている必要があります。

  2. そのオペレーティングシステムは、将来のオフラインでの使用のために保存されます(ラストダウンロード.キャッシュ、C:/Users/yourname/AppData/Local/Raspberry Pi/Imager/cache)。そのため、次にソフトを開いたときには、「リリース:日付、あなたのコンピュータにキャッシュされた」という表示になります。

ステップ5

使用中のSDカードを選択します。

_images/image14.png

ステップ6

Ctrl+Shift+X 」を押すと、SSHの有効化と無線LANの設定を行うための「 Advanced options 」ページが開きます。この2つの項目は必ず設定する必要がありますが、その他の項目はあなたの選択次第です。このイメージカスタマイズオプションを常に使用するように選択することができます。

_images/image15.png

その後、下にスクロールしてWifiの設定を完了し、「 save 」をクリックします。

注釈

wifi country は、ラズベリーパイを使用している国の ISO/IEC alpha2 code 2文字のコードを設定してください、以下のリンクを参照してください。 https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1_alpha-2#Officially_assigned_code_elements

_images/image16.png

ステップ7

書込み 」ボタンをクリックします。

_images/image17.png

ステップ8

SDカードに何らかのファイルが保存されている場合は、それらのファイルを永久に失わないようにするために、まずそれらのファイルをバックアップすることをお勧めします。バックアップするファイルがない場合は、「 イェス 」をクリックします。

_images/image18.png

ステップ9

一定時間を待った後、書き込み完了を表す以下のウィンドウが表示されます。

_images/image19.png